読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

千葉県成田市ピアノリトミック教室◇◇かとあき先生の講座受講記◇◇先生だって猛勉強🎶♩♪♬♫🎶♪♫♪♩🎶

「教える、運営する、演奏する、自分や生徒や家族の人生を豊かにする」 ピアノ講師は止まっていないのです♬ 日々の学びで得たものを書いていきます

私は触感覚♪当然レッスンでは踊って歌うでしょ! 

昨日は
楽器と音楽表現の切り離せない深い関わりを
全身で感じて学ぶ「静」の時間でした

本日は完全に「動」です。

外からの情報を受け入れる際、
一人一人が生まれつき優位的に使っている感覚
優位感覚について
実践を交えながら理解していく

保科陽子先生の
「優位感覚 公開レッスン」

にて、
自分の優位的な感覚チームの生徒役で
実際にレッスン体験して参りました( 〃▽〃)



こんにちは
千葉県成田市
生徒も講師もピアノしている自分大好き宣言
あきこ先生のピアノ出張レッスン♪ かとうです。



本日は
自分の感覚のことを中心に書きます


優位感覚セミナーは昨年から単発で3回目です。

なるほど、
個々に受け入れやすい切り口がある、
へええ、すごーい

で、止まっていましたが、
自分のレッスン状況を省みる中で
3回目のニーズを強く感じていました

何度もチャンスがありましたが
日程が合わず断念、

今回は日程バッチリ、
しかし
横浜はさすがに遠いよなあ…及び腰でした。

ギリギリになり
保科先生のFBで
触感覚の生徒役が決まっていないということで、
先生の息子さんのお話を読んでいくうちに
「あれ、これ、私ですか」
と思うくらい状況が疑似(笑)
すぐに
「こんな私なんですけど…」
と連絡をさせていただきました

が、

ピアノの先生方
しかも
セミナーに意欲的に参加される
真の勉強家さん達の前で演奏することは
ずっと避けて来ました

なぜか自分じゃなくなる…
元々自分なんて無いのかも…
自己存在すら否定的になっていく…

そんな経験が恐怖心を生んでいました

今日は全て謎は解けた!(コナン調~)
=
参加の皆さんで解いていただいた❤

このセミナーはテクニックの問題すら
解いていく糸口だと感じました


保科先生の言語交換テクニックの素晴らしさは
前回の仲西先生クチコミセミナーの回で書きましたが
本日は更に
感謝の一言に尽きました


「考え」と「感覚」は本来両建てが良いが
触感覚さんにとって一番重要な「感覚」を
遮るのが「考え」ること

振り向くと
同じ感覚のグループの先生方の殆どが
ニコニコとうなずいています

私達は
表現に対して枠を持ちません
踊る
歌う
独特の擬音も使う
ポケットがたくさんあって
ただただ
これだ、というイメージに向かって
感覚で突き進む傾向があるんです


さて
貴婦人の乗馬(自分には全く理解が出来ない曲)

同チームの先生が体で表現してくださったアクションを
そのままピアノで表現していくワークによって
あ、
これでいいの?
っていうくらいいつもの自分です。

それで気が付きました
練習には没頭できるんだけど
①本番になると周りを意識して自分の感覚を失って
 手も頭もバラバラ⤵
②本番になると今まで気にしなければならなかった
 周りを一切気にせず独壇場になれるから
 本番が一番いい⤴

気分屋?かもしれませんが
自分をノセればいいんだと思います。

知って終わらず
ここから伸びていきたいです
何せ
触感覚さんはいつ爆発的に伸びるか
全くわからない
でもポンっと急に花開くという
見守りが大切な
長距離ランナーなのだそうです。

なんだか
自分の小さい頃の通信簿が
よみがえります。

どうぞ、
触感覚の生徒さんと向き合っている先生方、
そういう子は
難しいかもしれませんが
それでいいんだよ
と盛り上げ、見守ってるよというサインを出し、
いい気分で舞台にのせてあげてください♪f:id:akkyouchidepiano:20150306151452j:plain
f:id:akkyouchidepiano:20150306151505j:plain

同胞が出来て幸せな時間でもありました。